HOME最新情報教育目標紹介保育内容と環境年間行事・活動あおぞらっ子の笑顔
あおぞら幼稚園入園するには子育て支援活動行事予定姉妹園の紹介アクセス
ようちえんへおいでよ
幼稚園の紹介




 生活を通して 自立する子、自律できる子


 日々の生活の中で、よりよい生活習慣、生活技能、生活の知恵を身につけることを大切にしていきま
す。栽培活動や道具を使った食育にも取り組み、年長では1泊2日の「お泊まり保育」を行います。

 そうした体験を通して、「自立し、生きる力」を育て、友だちとの関係の中で、相手の気持ちに気付
き、思いやったり、我慢をする「自律できる力」を伸ばしていきます。


泊まり保育-002.jpg 調理活動.jpg




 
 
遊びを通して 健康な心と身体を持つ子


 子どもの活力のもとは健康な身体です。毎日の遊びを通して、よく働く手足、そして安定した動きを身につけ、夢中に楽しむ中で心身の解放をはかり、感情を豊かにしていきます。歩くこと走ることなども、年間を通じ持続的に取り組んでいます。また「チャレンジタイム」では、体操・マット運動など系統的に取り入れ、健康でしなやかな体を持って育つよう遊び込んでいきます。

 お別れ会-跳び箱.jpg 080718-205415.jpg 森林公園-004.jpg





 感性を育む 表現豊かな子、創造力豊かな子


 みんなで歌ったり踊ったり劇あそびを楽しむことは、子どもの気持ちを解放させ表現力を養い内面的成長を助けます。また絵画造形活動を通して、「手は表出した脳」といわれるように、幼児期に手足をつかっていくことで、脳や全身の調和的発達を促します。子どもたちはのびのびと表現し、創ることを楽しみ、創意工夫する力が育っていきます。観劇や楽団によるコンサートを通して本物の文化にも触れています。

製作-01.jpg 春まつり-01.jpg 土粘土-002.jpg





 絵本を通して 豊かなことばと知恵を持つ子


 園内に図書室があり、3000冊を超えるすぐれた文化財であり文学である絵本との出会いの場としています。その中から毎週自分のお気に入りの絵本を持ち帰ります。子どもたちは、園や家庭での読み聞かせを通して、読み手からの思いを受け止め、想像の世界を楽しみます。絵本・お話の世界から、豊かなことばや想像力・思考力を育てていくことを大切にしています。

図書室-001.jpg  図書室-002.jpg





 共に育つ 親も子も共に育ち合う


 子どもたちは、今、住むこの地域をふるさととして育ち、家庭と園との連携の両輪の上ですこやかで安全な成長の土台をつくることができます。園からは今子どもたちに伝えたいこと、子どもの様子、親の思い等を込めて園だより「こいのぼり」を発刊しています。またクラスだよりや個人連絡ノートなどで、子育ての支援をしています。そして、父母の力が発揮できる父母の会の活動やサークル活動(絵本の読み聞かせなどの図書ボランティア・園庭を彩る花壇作りの園芸ボランティア・本物顔負け演劇サークル)も活発におこなわれ、子どもも大人も共に育ち合う機会を大切にしています。

一緒に遊ぼう-01.jpg 夏まつり-劇.jpg